ブログ

2019.5.7ラボ活動報告

両立チーム育児ラボに参加するにあたって 【前編】

「ラボ活動報告」とは?

両立チーム育児ラボのメンバーが各自の両立チーム育児チャレンジの体験記や進捗状況を発信していく報告記事です。

 

仕事と育児の両立を頑張るママの背中を押したい!

 
現在私は、昨年4月から夫が海外に赴任しているため、単身赴任をしています。
また、昨年8月の2人目出産を契機に、ワンオペで出産&育児を行うことに恐怖を感じたため、私自身の実家に娘2人(現在3歳&0歳6ヶ月)と同居させてもらっている状況です。実家なので助かる部分も多い一方、父や母の生活のペースもあるので気を使うことも多く、同居の難しさも感じている今日この頃です。そんな中、この4月の職場復帰が決まりました。
 
第一子の時は、娘が5ヶ月の時に復職したので、十分に復職準備をしないまま何となく勢いだけで、仕事と家事をこなしていました。幸いにも職場の上司や同僚は理解がある方ばかりだったので何とか過ごしていたものの、なんで私だけがこんな大変な思いをしているの?という被害妄想のような思いで悶々とした日々を送っていました。もちろん、そのモヤモヤは時として爆発し、夫婦喧嘩は絶えず、夜中まで罵倒し合った挙句離婚話へ…。とにかく私は自分でも嫌になるほど、切れキャラになっていました。
 
この精神状態をなんとかしたい!よし、土日に考えよう!と毎週思うものの、日中は溜まった家事に忙殺され、夜子どもが寝静まった頃にはくたびれ果て、ボーッとアイスを食べるのが最大の癒しになっていました。
 

仕事と育児の葛藤

子育てって本当にやり甲斐のある仕事だと思います。
「仕事の代わりはいるかもしれないけど、母親の代わりはいないよ。」
よく母にこう言われていました。
世の中のお母さんはみんな、子どものことが大好きだし、自分の命を削ってでも守ってあげたい存在だと思っているはずです。
でも、その時々の状況によって、お母さんの精神状態によって、思うようにいかない、そんなことが多いと思います。
責任感を持って仕事をしているお母さんほど、きっと家事もしっかりやっていて、子どもに対してもきちんと向き合いたい、そう思っていると思います。
だけどなかなかうまくいかない。
そんな状況を打開するための「チーム育児」という言葉を知りました。
 

「チーム育児」で仕事も育児もHAPPYに

最初に「チーム育児」という言葉を聞いた時、あぁ何だか懐かしい!と思いました。
私が子どものころ(幼稚園に通っていた時)は、雨が降れば隣のおばちゃんが我が家の洗濯物を取り込んでくれていたし、幼稚園から帰ると、隣の家のおばちゃんの家に遊びに行ってコタツの中で遊びながらいつの間にか寝てしまったり。そんな風にして育ちました。私は一人っ子ですが、一人っ子じゃないような、そんな環境で育ててもらいました。血のつながりはないけど、本当の家族みたいな、そんな関係でした。
 
「チーム育児」とは、育児において第三者のサポートを得ることで、家族みんながHAPPYになることを目指すものだと言います。
 
家事代行、料理代行、ファミサポ、病児保育、、、
色んなサービスはあるけど、実際に使っているのは私みたいな平凡な一サラリーマンはいなくて、バリバリ管理職のワーママとか、外資系で夫婦共働きしてます的な家庭だけなんだろうなぁ、だってどれも高いし!と思っていました。
でも、よくよく聞いてみると、自分に手が届きそうなサービスだってあるし、家電だって費用対効果を考えたら捻出できそうなものもありました。
 
#両立チーム育児ラボでは、ラボメンバーそれぞれが「チーム育児」のチャレンジ領域を決め、現在の自分の壁・ハードルを乗り越えて実践するためのアクションプランを設定します。
 
そこで私は下記をチャレンジとして設定しました。
 
(1)時短テクノロジーの導入
Googleカレンダー等を使ったスケジュール管理を行い、超アナログな祖父母とも予定をリアルタイムで共有出来るようにしたい。
 
(2)家族外家族サポーター
保育園のママ友と協力関係を構築することで、祖父母だけに頼らない子育てをしたい。
 
(3)物理的に離れている夫と、我が家なりの「家族」になりたい
時差があるため、ふと気づけばやり取りは事務連絡のみ。子どもを交えてSkypeすることはあっても、夫婦2人で話すことは皆無となっていました。「家族」の基本はまず夫婦、ということを再認識したので、まずは雑談レベルから、夫と関係を再構築したい。
 
私にとっては、実は(3)が一番ハードルがあり、本当に出来るかなぁと不安もありますが、非常にアツくアンテナ高い両立チーム育児ラボメンバーの皆さんに刺激していただきながら、残りの育休期間の締めくくりとして、チャレンジしていきたいと思います!

この記事を書いた人 まえまり

3歳、0歳6ヶ月の二児の母。保険会社で営業事務を担当。

2017年4月より夫が海外赴任になったため、現在単身赴任中。ワンオペで出産&二児育児をすることに恐怖を感じたため、単身赴任のタイミングで自分の実家に戻り、下の子を出産&二人育児をしている。祖父母の協力を得られる反面、一度出た家に戻ることの難しさも実感している。2019年4月に復職を控えているが、祖父母だけに頼らない子育てと、物理的に離れた夫と、我が家なりの「家族」としてのあり方を模索中。